梅元かおりちゃんは小学校3年生の女の子。
かおりちゃんのおうちは、おばあちゃんの代から本門佛立宗のご信心をさせていただいています。学校でいろんな事を勉強しているかおりちゃんですが、ご信心のことはまだ全然わかりません。でも、「無始已来」は『妙講一座』を見なくてもいえます。
かおりちゃんが日常の中で学ぶご信心のお話です。

第28回 うれしさを表すことばの巻
第27回 佛立宗を作ったのは誰?の巻
第26回 優しい匂いの巻
第25回 家とお寺での御看経の違いの巻
第24回 御供養の心の巻
第23回 初詣は行っちゃダメの巻
第22回 「南無妙法蓮華経」は何語の巻
第21回 怖いときには南無妙法蓮華経の巻
第20回 御法門はなぜ大事の巻
第19回 春夏秋にはあるけど冬にはない、の巻
第18回 御尊像は何故黒い?の巻
第17回 御導師は必要な人の巻
第16回 お数珠の意味の巻
第15回 最初と最後は「むしいらい」の巻
第14回 お墓と彼岸とご回向と、の巻
第13回 回向の心の巻
第12回 御有志って高いもの?の巻
第11回 病気と御供水の巻
第10回 お灯明の意味の巻
第 9回 御宝前様のお花の巻
第 8回 フクメンの意味の巻
第 7回 お初水ってなぁに?の巻
第 6回 おばあちゃんと寒修行の巻
第 5回 どうして冬は御綿なの?の巻
第 4回 どうして「ありがとうございます」なの?の巻
第 3回 100%の力を出すにはの巻
第 2回 戦没者慰霊法要って何?の巻
第 1回 お給仕の巻


▲上へ