>>かおりちゃんの信行日記


第26回 優しい匂いの巻

とても気持ちのいい季節になってきました。
この季節の風にはお花の匂いや温かい土の匂いが混じって、とてもいい匂いがします。

そんなある日のことです。

「いつも思うんだけど、かおりちゃんって良い匂いがするよね」

隣の席の知美ちゃんにいきなり言われて、かおりちゃんはびっくりしました。

「なんだかね、優しい良い匂いがするのよ」

「そうかな。自分では全然わからないんだけど」

かおりちゃんは自分の服をくんくんと嗅いでみました。
ほんの少しだけれど、どこかで嗅いだことのある良い匂いがします。

「そういえばさ、かおりちゃんのお家もこんな匂いがしてるよ」

「えっ、ホント?」


「ただいまー」

かおりちゃんは走ってお家に帰ってきました。
知美ちゃんの言っていた『優しい良い匂い』を早く探したかったのです。
だけどどんなに急いでいても、お家に帰ったら先ず御宝前様にご挨拶に行かなければいけません。

「無始已来謗法罪障消滅……」

ご挨拶が終わったとき、窓からふわりと風が入ってきました。

「あ!この匂いだ!」

御宝前様の周りから、あの『優しい良い匂い』がしたのです。

「お母さん、お母さん」と、かおりちゃんは台所に走っていきました。

「お母さん、どうして御宝前様からは優しい良い匂いがするの?」

かおりちゃんにいきなりそう言われて、お母さんは目を丸くしています。

「優しい良い匂い?」

口で説明するよりも、実際にその匂いを嗅いでもらった方が良いと思ったので、かおりちゃんはお母さんの手を引っ張って、御宝前様のお部屋に行きました。

「あら、この香りはお線香の香りよ」

「そうだ!お線香の香りだ!」

お母さんに言われて初めてかおりちゃんは気づきました。
そんなに意識したことはなかったけれど、かおりちゃんは確かに毎日この香りを嗅いでいます。

「お線香ってこんなに良い匂いがするんだ」

「そうよ、お線香は良い香りを御供えさせていただく為のものだからね」

「香りを御供えするの?それなら一本だけじゃなくて、もっとたくさんお線香を立てたらいいんじゃないの?」

「お線香は数が問題じゃないのよ。少しでも香りの良いものを、心を込めて御供えさせていただくことが大切なの。それにお線香一本分が御看経の時間の目安になるしね」

「ふーん。そうなんだ」

「ところで、お線香の香りがどうかしたの?」

かおりちゃんは、今日学校で知美ちゃんが言っていたことをお母さんに話しました。
かおりちゃんの話しを全部聞いて、お母さんはにっこり笑ってこう言いました。

「それはね、かおりが御宝前様の近くにいるのと同じように、御宝前様はかおりの近くにいてくださるの。だから良い匂いがするのよ」

「そっかぁ」

なんとなくわかっていたけれど、実感できなかったこと。
それをこんな風に実感できて、とても嬉しくなったかおりちゃんなのでした。

<<前へ     次へ>>


▲上へ